カード

利用するメリットを知る

カードローンは手続きが簡単に行えて限度額の範囲内で何度も借り入れできるのが便利です。用途も基本的に自由ですので様々な場面で対応できます。融資も迅速に行われていますので急いでいるときも安心です。来店できない場合はインターネットや電話も活用してみましょう。

詳しく見る

マネー

中小企業の経営

中小企業のオーナーや個人事業主は、常に資金繰りのことを考えていますが、一つの方法としてビジネスローンがあります。融資までの審査時間が短く、一度開設すればATMなどからでも利用することが可能で、担保によって大きな金額が借りれるなどのメリットがあるのです。

詳しく見る

電卓

憧れのマイホームを入手

マイホームの購入にあたっては無理のない資金計画で住宅ローンを組むことが重要となります。固定金利のフラット35で住宅ローンを組んだうえで、無理のない範囲で繰り上げ返済をしていくというのは、堅実な住宅ローンの返済方法であるといえます。

詳しく見る

クレジットカード

銀行と消費者金融の違い

カードローンは借入先によって新崎淳が大きく異なります。消費者金融と銀行それぞれの違いを把握して、自分に合った借入先を選びましょう。信用情報はどの借入先も確認できるので、正直に申請することが大切です。

詳しく見る

財布

個人事業主向けの借入れ

個人事業主が事業費のために借入れしたいなら、消費者金融系のビジネスローンです。消費者金融系ということもあり、審査スピードが早く、申込みをした当日中のご利用も可能です。いざという時にために融資枠を作っておくこともできます。

詳しく見る

ローンを返済について知る

男の人と女の人

注意点を押さえる

住宅を購入する際、一括で購入できる人というのはほとんどいないでしょう。そして、住宅購入をする人の大半がフラット35等の住宅ローンを利用しての返済になることと思います。しかしながら、終身雇用が崩壊した現代社会においてフラット35を利用してはいるものの、余裕のあるうちにできるだけ早く繰り上げ返済をしていくことは賢い選択であると言えます。ただ、このフラット35における繰り上げ返済にはいくつかの注意点があります。まず第一に、フラット35を利用している機関によっては繰り上げ返済の額が最低100万円単位のところがあります。そうなると、繰り上げ返済をしようにもある程度まとまったお金を用意しなくてはなりません。勿論、もっと少ない額から繰り上げ返済を認めているところもあるので、少額からできる場合にはがしがし返済していくと楽にあっという間に返済することができます。もう一つの注意点としては、繰り上げ返済をして完済の時期を早めるのか、それとも月々の返済額を少なくしていくのかの選択を迫られる点にあります。これはお好みで選択しても構いませんが、一般的な考え方としては、高齢である程度収入に余裕のある人は完済の時期を早めるようにし、若い人は月々の支払を少なくし、ある程度年齢を経てから完済時期を早めるように繰り上げ返済していくのが通常とされています。どのライフステージで住宅を購入したかで注意点に若干の違いがありますが、フラット35の繰り上げ返済について概ね以上のことを覚えておくと何かの役に立つでしょう。