中小企業の経営

マネー

資金調達方法の手段

中小企業のオーナーや個人事業主にとって、資金繰りは大きな経営課題ですが、取引銀行がすぐに資金を貸してくれる保証もなく、売上がすぐにあることも少ないのです。このような状況下の中で、新しい資金調達の方法としてビジネスローンというものが、各金融機関から提供されています。ビジネスローンとは事業者を対象としたローン製品であり、事業を支えることを目的にした金融商品となっております。扱う金融機関も銀行はもちろんのこと、ノンバンク系と言われる消費者金融業者も、この商品を展開しているのです。特にノンバンク系の消費者金業者の場合、審査が自社で利用しているスコアリングシステムを使うことが多いので、融資までの時間が短いという特徴があります。さらに担保が必要がないケースもありますし、不動産を所有しているのであれば、それを担保にすることで、大きな資金を調達できるのです。また消費者が対象の融資の場合、総量規制という借入額の限度が定められていますが、事業目的の場合にはその対象外となっているのです。昨今ではビジネスローンの申し込みは、来店や電話によるものの他に、ATMなどからも借り入れができるようになっています。運転資金を調達する必要がある場合というのは、大抵が少しでも早く調達したいと考えるケースが多いので、申し込み方法がいろいろあるのは、メリットと言えます。このようにビジネスローンは、中小企業などのオーナーが運転資金などを早く調達する手段として、有効と考えられているのです。