銀行と消費者金融の違い

クレジットカード

総量規制と借入限度額

カードローンは、審査の期間も短くインターネットからの申込みも可能なことが多いので多くの人に好まれています。基本的に担保も不必要なので収入の少ない人でも申込みができることが多くなっています。カードローンをつくる時には、銀行や信用組合などの金融機関か、消費者金融のどちらかを選択することになります。銀行と消費者金融のカードローンの仕組みは、似ているようで大きく異なります。特に借入れのできる限度額に大きな違いがあります。消費者金融は、賃金法で定められた、総量規制という規則があります。総量規制は、年収の1/3以上の貸し出しをすることができないという法律です。従って、特殊な場合を除き専業主婦などの、収入のない方は申込みができないケースが多くなっています。一方の銀行のカードローンは、銀行法には総量規制の法律がないので、基本的に収入だけで限度額を決める訳ではありません。専業主婦の方であっても、配偶者に返済能力のある安定した収入があれば、申し込むことができます。消費者金融と銀行のどちらでカードローンをつくっても、審査が必要なことに違いはありません。但し先ほども説明している通り、年収や職業に関する部分は双方の基準が異なる事になります。また、複数の借入がある場合は、申込みの際に本当の件数や金額を入力するようにしましょう。借入状況や金融事故などの記録は、信用情報機関に記録されているので、嘘の申込みをしても、ばれてしまいます。もちろん、複数の借入がある場合は、審査に不利になる条件と考えられますが、金融事故がなければ、充分に可能性はあるので、あきらめずに申し込んでみましょう。